シボヘールは効果がないの?実際に使った本音の評価&口コミレビューを大公開!

【詐欺!】シボヘールが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

未分類

シボヘールとラクビの違いは?併用で相乗効果が得られるって本当?継続期間の目安はどれくらい?

投稿日:

ダイエットに効果があると言われているサプリメントはたくさんありますよね。

中でも今話題なのは、シボヘールとラクビ(LAKUBI)です。

どちらもダイエットをサポートしてくれるとして人気の商品ですよね。

それぞれの特徴としては、シボヘールはダイエタリーライフサポートサプリメントであり、特にお腹周りの脂肪に効果的なところです。

一方のラクビは善玉菌にも悪玉菌にもアプローチして、腸内フローラを整える成分が配合されています。

さて、痩せたいと思っている人は、どちらをセレクトすればよいのでしょうか。

そこで、シボヘールとラクビについて、徹底的に比較してみました。

ぜひ参考にしてくださいね!

 

シボヘールはこんな製品

シボヘールはハーブ健康本舗が発売しており、皮下脂肪や内臓脂肪といったお腹の脂肪にアプローチし、体重が減ったりウエストが細くなったりといった効果を得るために、サポートしてくれるサプリメントです。

よって、ダイエタリーライフサポートサプリメントとして、非常に人気があります。

もちろん、バランスの良い食事と適度な運動を取り入れることは非常に大事であり、そこにシボヘールを加えることで、お腹周りの何とかしたい脂肪により効果を得られるでしょう。

 

こんな人にシボヘールをお勧め

シボヘールを飲むにあたって向いている人がいます。

それは、BMIが25から30ほどと高めの人です。

肥満傾向にある人には効果を感じやすいでしょう。

また、お腹周りの脂肪が気になっている人、増えていく体重を何とかしたいと思っている人にもおすすめです。

ウエスト周りをすっきりさせたい人にも向いていますね。

ここに当てはまっている人であれば、シボヘールを使用することで、期待している効果を得られる可能性は非常に高くなりますよ。

 

どうしてシボヘールがお腹の脂肪を減らすことが出来るの?

シボヘールに含まれている成分に、葛の花由来のイソフラボンがあります。

機能性関与成分として配合されていますが、動物を対象とした実験では、脂肪の合成を抑制したり、脂肪の分解・燃焼をサポートしたりという効果が得られたことが明らかになっています。

また、ヒトに対する実験結果も存在します。

BMIが25から30といった肥満傾向にある方を対象として試験をしてみたところ、お腹の脂肪を減らす効果があったという結果が得られました。

 

ラクビはこんな製品

ラクビはある成分に着目して作られています。

それは、健康サポート成分と言われる、

 

「短鎖脂肪酸」

 

です。

この短鎖脂肪酸を作るための酪酸菌を1700万個も配合しているのがラクビなのです。

芸能人にも愛用者が多いですよね。

例えば、元モーニング娘である中澤裕子さんや藤本美貴さんもラクビのおかげでスタイルを保っているようですよ。

 

ラクビはどうして効果があるの?

ラクビが効果がある理由として、その配合成分をチェックすれば、一目瞭然かもしれませんね。

 

  • サラシアエキス
  • 酪酸菌
  • 麦芽糖
  • ビフィズス粉末
  • 酒粕発酵物
  • 澱粉
  • デキストリン
  • イソマルトオリゴ糖
  • 微硫酸ケイ素
  • トレハロース
  • ステアリン酸カルシウム
  • ゼラチン
  • 黒麹由来の植物性キトサン

 

ここに挙げた成分を見てみると、その詳細は知らなくとも、ダイエットや腸内環境を整えるのによい成分だと聞いたことがあるというものばかりではないでしょうか。

さらにラクビには、

 

  • 善玉菌ビフィズス菌B=3
  • 植物性キトサン

 

という成分も配合されています。

これは、体内フローラを整えると言われているもので、大注目成分です。

ラクビには善玉菌にも悪玉菌にもアプローチすることのできる成分が配合されているので、

 

「善玉菌を増やして、悪玉菌を減らす」

 

という腸内フローラの改善が可能となるのですね。

では、特に注目してもらいたい成分について、もう少し詳しく説明しておきますね。

 

酪酸菌ってどんな成分?

酪酸菌は身近なところではぬか漬けに含まれています。

実は

 

「天然の痩せ菌」

 

とまで言われており、短鎖脂肪酸を作り出す力が非常に高いのです。

ラクビであれば、その1粒の中に生きている酪酸菌が1700万個も入っているので、効率よく摂取することが出来ますね。

 

サラシアエキスってどんな成分?

サラシアとはインドやスリランカ、東南アジアに自生している植物からとれる天然のハーブエキスです。

働きとしてはm体内フローラを整えます。

また、悪玉菌が繁殖しないようにコントロールする力もあります。

 

シボヘールとラクビを徹底的に比較!

食品区分が異なることに注目!

最初に大前提についてお伝えしておきましょう。

そもそも、シボヘールとラクビは、その食品としての区分が全く違うものであるのです。

シボヘールは

 

「機能性表示食品」

 

に分類されます。

一方ラクビは

 

「健康食品」

 

というカテゴリーになります。

機能性表示食品と言われても、ピンと来ないかもしれませんね。

機能性表示食品とは、機能を表示してよいと許可を得ている食品となり、その責任は事業者が持っています。

シボヘールにはどんな機能性があるのかというと、

 

「お腹の脂肪を減らすのを助ける」

 

というものです。

消費者庁が審査して認可するものとなりますので、科学的根拠がなければ受理されません。

よって、機能性表示食品として認可を受けたものは、消費者庁が定めた基準を超えており、信頼に値する商品だということになりますよね。

 

では、ラクビはどうなのでしょうか。

ラクビは健康食品であり、機能性表示食品ではありません。

ということは、機能の表示が認められていないということになります。

では、ラクビは効果のない商品なのでしょうか。

もちろんそうではありません。

口コミなどでもわかるように、一定以上の効果は得られるものです。

ただ考えられることは、その機能性を裏付けることが出来るようなデータや実験結果を保有していないということです。

そのように機能性を裏付けするためのデータ取得や実験にはかなりのコストがかかることもあり、あえて総合的に判断して機能性表示食品にはしていないということもあり得るでしょう。

ただ、シボヘールとラクビとは、そもそもの食品区分が異なるということだけ覚えておいてくださいね。

 

アプローチの仕方が異なることに注目!

これらの2つの商品の違いとしては、その脂肪に対するアプローチの仕方にあるでしょう。

シボヘールは脂肪を燃焼させるサポートをします。

一方のラクビは体内に溜まったものを排出するという役目があります。

どんなに脂肪を燃焼させたいと思っても、便秘のせいで体重が減らないのであれば、まずはラクビで腸内をすっきりさせるのが良いでしょう。

お腹の周りの脂肪を減らしたいと思うのであれば、葛の花由来のイソフラボンが脂肪燃焼のサポートをしてくれるシボヘールを使用するのが良いでしょう。

 

ならばいっそ、シボヘールとラクビを併用してみよう!

シボヘールとラクビ、それぞれの働きが異なることが分かりました。

どちらの効果も気になる!

ならばいっそ、この2つのサプリを併用してみるのはいかがでしょうか。

ラクビで便秘を解消し、シボヘールで脂肪を燃焼させる。

体重を減らしたいと考えている人は、この便秘と脂肪といった2つの悩みを抱えていて、その2つを解決できるものを探しているのではないかと思うのです。

それならば、シボヘールとラクビを併用して、一挙に悩みを解決できればうれしいですよね。

 

併用のコツ教えます

便秘と脂肪の両方にアプローチするために、この2つのサプリを両方飲んで、ぜひ理想へと近づけてくださいね。

さて、その際ですが、運動をせずに飲むだけで痩せようという考えはやめておいた方が良いです。

というのも、運動を取り入れずに痩せたとしても、必ずリバウンドし、結果、痩せにくい身体になってしまうからです。

運動を取り入れることで、代謝が上がり、その結果として体質が痩せやすいものとなります。

痩せやすい体質となれば、脂肪を燃焼させるのをサポートする役目を持っているシボヘールは飲む必要がなくなるでしょう。

既に基礎代謝だけでカロリーを多く消費できる体質になっているからです。

 

運動は油断せずに続けるようにしましょう。

気を許すとリバウンドするかもしれませんからね。

やはりサプリだけで痩せるという甘い話は存在しないようです。

その上でラクビの扱い方ですが、便秘に悩んでいる人は基礎代謝が向上してからもラクビを飲み続けた方が良いでしょう。

代謝アップと腸内環境の改善は比例するものではありませんので、便秘がちな人はラクビの力を借りた方が良いです。

もちろん、もともと便秘に悩んでいるわけではないという人であれば、ラクビの使用をストップしてもよいでしょう。

 

どれくらいの期間併用するの?

それでは気になる併用期間について発表します!

もちろん個人差があることなので、目安とはなりますが、シボヘールであれば3ヶ月、ラクビであれば6ヶ月ほど飲み続けることが必要となる人が多いのではないでしょうか。

長く感じますか。

それとも短く感じますか。

これまで生活習慣の積み重ねで蓄積してきた脂肪を落とすのは簡単なことではありません。

溜まりに溜まった脂肪を落とすには最低3ヶ月はかかるでしょう。

シボヘールに入っている葛の花由来のイソフラボンについての実験では、3ヶ月で脂肪が減少したというデータが残っており、メーカーとしても最低3ヶ月の継続をお勧めしているようです。

ラクビに関しては明確に何ヶ月で便秘が治るといったようなデータは存在していませんが、口コミなどを検証すると、6ヶ月ほど続けて効果を実感できたという人が多いようです。

腸内環境を改善する目安として、6ヶ月ほどの継続を検討してみましょう。

 

まとめ

シボヘールとラクビのそれぞれの特徴や得られる効果についてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか。

シボヘールは脂肪の燃焼・減少をサポートするものであり、ラクビは腸内環境を整えて便秘を改善するものであるといったようにそれぞれの役割が全く異なるということが分かりました。

この2つを併用して、異なるアプローチをすることで、より理想の体型に近づくことが出来ますよ。

もちろん食生活に気を付け、運動も取り入れて、健康的に痩せるように頑張っていきましょう!

-未分類

Copyright© 【詐欺!】シボヘールが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.