シボヘールは効果がないの?実際に使った本音の評価&口コミレビューを大公開!

【詐欺!】シボヘールが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

未分類

シボヘールは中高生でも飲める?10代のダイエットは危険!?適切なダイエットサプリを選ぶコツは?

投稿日:

シボヘールでダイエットに成功する人が増えているようです。

シボヘールを取り入れて、運動や食事制限にも気を付けつつ、健康的にダイエットしたという口コミが多々あります。

シボヘールなら中高生でも問題なく使えそうな気もするのですが、実際のところ、どうなのでしょうか。

外見が気になるお年頃ではありますが、10代と言えば成長期真っ盛り。

そんなデリケートな時期にシボヘールをを使ってダイエットをしてもよいのかどうか、知りたいですよね。

そこで、中高生でもシボヘールを使ってダイエットをしていいのかどうか検証していきます。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

中学生・高校生がシボヘールを使っても大丈夫?

スタイルのいい子を見ては

 

「うらやましいな」

 

と思っている中学生・高校生にとって、すらっとしたモデル体型になることは憧れですよね。

では、シボヘールを飲んでダイエットをしてもよいのでしょうか。

先に結論から言っておきましょう。

答えは

 

「シボヘールを飲むことはお勧めしません」

 

です。

どうしてなのか、早速理由をお伝えしていきますね。

 

脂肪の分解や燃焼がスムーズなので飲む必要なし!

まずは、シボヘールに期待できる効果についてお話していきますね。

シボヘールには葛の花に由来しているイソフラボンが配合されています。

そのイソフラボンとは、脂肪合成を抑制するように働きかけます。

また、脂肪の分解・燃焼を助けるという効果があります。

ダイエッターにとっては嬉しい効果ですよね、

 

でも、中学生や高校生など、10代にとってはこれは不要だといってもよい効果です。

なぜなら、中学生・高校生は、もともと代謝が良いからなのです。

代謝が良いということは、脂肪の分解・燃焼がスムーズであり、シボヘールを飲んだところで、効果を実感できるほどではないと思います。

シボヘールが向いている年代としては、代謝が落ちつつある30代以上の人です。

10代、20代であれば、食事をした分しっかり代謝され、脂肪燃焼されますが、30代以降になると、20代のころと同じような食事を続けていてはてきめんに脂肪がたまってしまいます。

そのような代謝の悪い年代の人であれば、シボヘールの効果を存分に感じることが出来ると思いますが、10代・20代であれば、シボヘールの出番はないといってもよいでしょう。

 

未成年者を対象にしていないという注意書きがあった!

そして、実は公式サイトに

 

「未成年者を対象とした食品ではありません」

 

という注意書きがありました!

これによると、シボヘールは未成年者に勧められるものではなく、中学生や高校生が飲むサプリメントではないということですね。

価格も安いですし、ダイエットに効果的だという評価もしっかりあるので、ぜひ試してみたいという気持ちが出てくるのはわからなくもないですが、ここまではっきりと公式サイトに書いてあるのであれば、使わない方が良いですよね。

 

そうは言っても、決して中学生・高校生が飲んではいけないような危険な物質が含まれているというわけではありませんので、大人の皆さんも安心してくださいね。

そういった安全性に問題がある成分が含まれているというわけではありません。

葛の花由来のイソフラボンをはじめ、全ての成分が安全性を認められているものばかりです。

消費者庁にも届け出済みの機能性表示食品なので、危険な成分が入っているということはあり得ませんよね。

あくまでも、未成年者が使ったところで、効果が感じられるかは疑問ですし、検証したわけでもないので、適していないということなんですね。

決して副作用が起きるなどということではないことだけ、大人の皆さんも知っておいてくださいね。

とはいえ、公式サイトで未成年者を対象していないというのですから、未成年の皆さんはシボヘールを使用しない方が良いでしょう。

 

成長期のダイエットは危険!

10代の時期は成長期であり、まだまだ身体は完成途上にあります。

そんな大事な時期に無理なダイエットをしてしまうと、その後悪影響が現れてくるようになります。

栄養が阻害されることになりますので、骨や筋肉が育たなくなることが考えられますし、ひいては脳の成長もストップするかもしれません。

また、ホルモンのバランスが崩れたり、ひどいときには拒食症まで発展する可能性もありますね。

軽い気持ちで始めたダイエットがこのように深刻な事態を引き起こすとなると、慎重にならざるを得ませんよね。

 

栄養というのは非常に大切で、不足すると必ず体に弊害が出てきます。

骨や筋肉が未発達となり、体力が劣りすぐに疲れてしまったり、骨折しやすかったりと、健全な成長とは程遠い状態となってしまいます。

もちろん身体だけではなく、脳や心の発達にも悪影響を及ぼします。

脳が栄養不足になれば、イライラ感を常に感じ、集中力に欠けるようになります。

大人になってからもうつで悩まされる確率が上がってしまうとも言われています。

 

女性であればもう一つリスクがあります。

それは、ダイエットによって女性ホルモンが減ってしまい、生理不順や生理が停止してしまうという事態を引き起こします。

その結果、将来的に妊娠しづらくなることもあるのです。

女性らしさも失われ、肌荒れやバストの成長が止まるということもあり、無理なダイエットをすると、こんなに危険がいっぱいなのですね。

 

細いタレントさんやモデルさん、それにお友達を見て、

 

「痩せたい」

 

という気持ちが湧いてくるのは非常に理解できます。

でも、あまりにも痩せたい痩せたいと思い続けていると、身体がご飯を食べることを拒否し始めるということだってあるのです。

そうなると拒食症といって、精神的な病気になってしまい、簡単に完治することが出来なくなります。

酷いときには命もむしばまれてしまいます。

細くなりたい気持ちもよくわかりますが、健康的に安全にダイエットをするということがどれだけ大切か、お分かりいただけたことと思います。

 

中高生のダイエットはここに注意しよう

何よりも最初にすべきこと、それは、本当にダイエットが必要なのかどうかということを見極めるということです。

ダイエットをする必要がないのにダイエットをすることで、痩せすぎてしまうことがあります。

そうならないためには、肥満指数であるBMIをチェックしましょう。

BMIの計算式は

 

「体重kg ÷ (身長m×身長m)」

 

であり、10代女子であれば、その平均値は20くらいです。

計算の例として、身長が158cmで体重が50㎏ということであれば、

 

「50÷(1.58×1.58)」

 

となり、BMIは20となりますね。

この人の場合は、ダイエットが不要という判断になります。

下は18.5から、上は25までの範囲であれば、ダイエットをしてまで痩せなくてもよいということです。

ちなみに18.5を切ってしまうとそれは痩せすぎです。

絶対ダイエットはしないようにしましょう。

 

ダイエットの方法ですが、早く痩せたいからと極端な方法に走ってしまうこともよくあります。

食事制限をやりすぎてしまったり、運動をやりすぎてしまったり。

食事制限を厳しく行うと、成長の為に必要な栄養ですら摂取できなくなってしまいます。

また、運動を過度に行うことも体に過剰な負担を強いてしまいます。

既に部活などで運動しているのであれば、それ以上過度な運動は不要だと思ってもよいでしょう。

 

中高生のダイエット、成功に導くキーはこれ!

中高生であれば、家族に協力してもらうと成功しやすいと思います。

たとえば、家にお菓子を置かないように家族にお願いしてみましょう。

太る食べ物を口にする機会を減らしていくのです。

10代であれば、基礎代謝だけで消費出来るカロリーが多く、そういった太りやすい食べ物を遠ざけるだけで充分体重は落ちやすいのです。

家族も気を付けてお菓子を家に置かないようにしてくれると、スムーズに進みますよ。

また、食べ過ぎているときには注意してもらったり、協力し合って一緒にダイエットしたりと家族中でサポートし合えればいいですよね。

 

食事制限するときにはこれに注意しよう

成長期は

 

「性徴期」

 

とも言われます。

この時期はしっかりと身体を成長させる栄養が必要不可欠となります。

ダイエットだからと食事を摂らなかったり、同じものばかり偏って食べていたりすると、成長が阻害されてしまいます。

大人であれば効果てきめんとも言われている

 

「置き換えダイエット」

 

 

「プチ断食」

 

といった極端なダイエットは行わないようにしましょう。

置き換えダイエットであれば、食事をスムージーに置き換えるので栄養が偏ってしまいます。

プチ断食であれば、食べない分栄養を補給することが出来なくなります。

 

また、

 

「野菜だけを食べるダイエット」

 

「フルーツだけを食べるダイエット」

 

といった単品ダイエットも絶対にやめてくださいね。

何より大切なことは、栄養バランスの取れた食事を3食きちんと食べるということです。

ダイエットと考えるのであれば、太りやすいお菓子を減らしましょう。

脂っこいものも極力とらないのがベターです。

 

サプリメントに頼りたいけど、大丈夫?

サプリメントを飲むだけで痩せられる、など聞くと、心惹かれますよね。

もちろん、それだけで痩せられるということはないでしょうが、それでもサプリメントに頼ったらもっと楽に痩せられるのではないかと思ってしまいがちです。

でも、未成年者にとっては、ほとんどのダイエットサプリは使用想定外となっており、未成年者には向いていません。

副作用が起きるというわけでもありませんが、それでも念のため飲まない方が安心ですよね。

それでもどうしても飲みたいというのであれば、以下の点にしっかり気を付けて、安全なものを選ぶようにしてくださいね。

 

中高生に向いていないダイエットサプリはこれ

中高生はまだまだ基礎代謝が盛んな時期であり、基礎代謝を高める目的でサプリメントを選ぶ必要は全くありません。

なぜなら、そのようなサプリメントを選んだところで、効果を実感することはあまりできないであろうからです。

そして、海外で売られているようなダイエットサプリは避けた方が良いでしょう。

日本では使用が禁止されている成分が入っていたり、安全性が疑わしい化学薬品が入っている可能性もあるからです。

そうなると、副作用が起きるかもしれませんよね。

危険ですので、避けましょう。

 

中高生に向いているダイエットサプリはこれ

中高生が飲んで効果を感じられるサプリメントといえば、食欲をカットしてくれるダイエットサプリ、カロリーをカットしてくれるダイエットサプリということになりますね。

中高生の食欲には目を見張るものがあります。

食べ始めると止まらなくなるという人も多いのではないでしょうか。

ついついお菓子を大量に食べてしまったり、脂っこいファストフードを毎日食べてしまったりということもあるでしょう。

食べてしまったカロリーをなかったことにしてくれるようなダイエットサプリであれば、食事を我慢する必要がなくなるので、ストレスなくダイエットを進めることが出来るでしょう。

食欲自体を減退してくれるダイエットサプリであれば、食欲をコントロールすることが出来るようになり、カロリーの摂取を結果的に減らすことも出来ますので、こちらも中高生におすすめのサプリメントといえますね。

 

まとめ

シボヘールを中高生が使っても問題ないかどうかについてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか。

公式サイトにあるように、未成年者は使用しないことをお勧めします。

10代は身体の基礎を作る大切な時期なので、しっかりと栄養をとって、健康な身体を作るようにしましょう。

バランスの良い食事と適度な運動が大切ですね。

せっかく基礎代謝が高い時期なのですから、甘いものや太りやすいものを控えて、健康的なダイエットを行ってくださいね!

-未分類

Copyright© 【詐欺!】シボヘールが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.