シボヘールは効果がないの?実際に使った本音の評価&口コミレビューを大公開!

【詐欺!】シボヘールが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

シボヘール

シボヘールダイエットに効果的・痩せるな飲み方とは?

投稿日:

 

SH3J0203

おなかの脂肪対策に効果的なシボヘールには、「葛の花由来イソフラボン」という成分が配合されています。

この成分には、お腹の脂肪やウエスト周りのお肉の減少を促進させる効果が期待できます。

その効果は科学的にも証明されており、機能性表示食品に分類されているなど安全性も問題ありません。

 

ただし、いくら効果が証明されているとは言っても、医薬品のような即効性があるわけではありません。

サプリメントなので、毎日継続して飲み続けることによって徐々に効果が実感できます。

今回は、より効果的な飲むタイミングや量などを詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

 

シボヘールは飲む時間やタイミングで効果が変わる?

シボヘールの摂取目安量は1日4粒です。

12週間継続して摂取することで、平均して20㎠もお腹まわりの脂肪が減少したというデータがあります。

暴飲暴食をしたり怠惰な生活を送っていては満足した効果を得ることはできませんが、規則正しい生活を心掛けることで、ダイエットのサポートをしてくれます。

 

シボヘールは病院で処方される医薬薬とは異なり、機能性食品に分類されています。

そのため、飲む時間やタイミングは特に決まっていません。

ただし、満足した効果を得るためにも、毎日忘れずに服用しなければいけません。

飲み続けることで効果が実感できますので、最低でも3ヶ月は続けましょう。

決まった時間に飲むように習慣化することで、忘れずに服用できます。

 

また、1日の摂取目安量は4粒となっていますが、分けて服用するよりもまとめて服用することをおすすめします。

まとめて服用すれば1日1回で済むので、飲み忘れることがなくなります。

このように1回4粒の摂取を3ヶ月続ければ、飲む時間やタイミングに関わらず、お腹まわりやウエストに変化を感じることができます。

 

より効果を実感したい方は、夕食前の服用がおすすめです。

なぜかというと、葛の花イソフラボンには脂肪の吸収を抑える効果があるからです。

脂肪の多い食事を摂る前に摂取することで、脂肪吸収抑制作用が大いに発揮されると考えられます。

1日の食事の中で夕食が最も脂肪が多く含まれてケースが目立ちますので、いつ摂取するか迷っている方はぜひ夕食前に服用しましょう。

基本的にはいつ飲んでも構いませんが、自分が摂取しやすいタイミングが一番だという事を忘れないでくださいね。

 

シボヘールを飲む時間帯やタイミングはいつがベスト?

シボヘールは機能や安全性に関して科学的根拠があり、お腹の脂肪を減らす効果が期待できます。

有効成分として配合されている葛の花由来イソフラボンは、古くから生薬として使われてきたものです。

葛の根は葛根(かっこん)という名で多くの漢方薬にも配合されています。

特に風邪の引き始めに飲まれている

 

「葛根湯」

 

はよく知られています。

また、葛の花にはイソフラボンが含まれていますが、これは大豆に含まれていることで知られるポリフェノールの一種です。

脂肪の合成を抑制し、脂肪の分解や脂肪燃焼をサポートする効果が期待できます。

内臓脂肪や皮下脂肪を減らしてウエストをすっきりさせる働きがあるため、多くの方から愛飲されています。

 

葛の花由来イソフラボンを使用した臨床試験では、1~4週間の服用では目立った変化は見られませんでしたが、5週間を過ぎるとお腹の脂肪の数値に変化が現れ、体重が減少し始めました。

さらに、9~12週間で、お腹の脂肪が平均して20㎠減少する結果が出ています。

この結果からも、毎日飲み続けることが重要だということが分かります。

 

公式サイトでも、起床してすぐや朝食の前など、飲み忘れがないように決まった時間に飲むことが推奨されています。

飲み忘れを防ぐためにはまとめての服用がおすすめですが、一度に飲むよりも数回に分けて飲む方が効果が持続するようです。

 

また、摂取るするタイミングによっては、シボヘールの成分の吸収率に違いが出てきます。

例えば、起床時などお腹に何も入っていない状態でシボヘールを摂取をすると、配合されている栄養素をしっかりと体内に摂り入れることができます。

おすすめのタイミングは食事の約30分前です。

 

30分前に服用することで、成分が身体に行き渡ってから食べ物を摂り入れることができます。

しかし、胃の中が空っぽの状態でシボヘールなどのサプリメントを摂取すると、内臓の働きが弱い方は胃痛などの刺激を感じてしまうケースもあります。

胃腸が弱い方や体調が優れない方は、食後30分から2時間以内に摂取することをおすすめします。

また、ジムに通っていたりジョギングをするなど運動を行っている方は、運動を行う30分ほど前に摂取すると効果的です。

 

シボヘールは水かぬるま湯で飲むことが大切!

シボヘールを摂取する際は、アルコール分や添加物、甘味料などが入っていないぬるま湯で飲むことが大切です。

余計な成分が入っているもので服用すると、せっかくの葛の花由来イソフラボンの働きが悪くなってしまいます。

 

葛の花由来イソフラボンにはどんな働きがあるの?

葛の花由来イソフラボンには、下記の働きがあります。

 

  • 血中脂質低減効果
  • 脂肪吸収の抑制
  • 脂肪分解作用

 

これらの働きにより、ぜい肉がお腹に付くのを予防できます。

血中脂質の上昇は体重増加の要因の一つですので、血中脂質を防げるという点ではダイエットに効果的だと言えるでしょう。

 

大切なのは、飲むタイミングより量を守ること!

シボヘールは、1日のうちいつ飲んでも効果に大きな変化はありません。

それよりも大切なのは、”摂取量を守ること”です。

シボヘールの1日の摂取量は、1日4粒です。

 

この1日4粒を毎日続けることにより、脂肪燃焼促進効果が期待できます。

そのため、摂取量が4粒未満の場合は効果を充分に実感することができません。

 

また、シボヘールの摂り過ぎにも注意してください!

効果を期待して過剰摂取をすると、副作用や健康被害が出てしまう可能性があります。

というのも、シボヘールの主要成分であるイソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをします。

そのため、大量に摂取をするとホルモンバランスが崩れてしまうのです。

 

ホルモンバランスが乱れると、乳がんなどの病気のリスクが高まったり、健康に害を与える恐れがあります。

シボヘールの摂取目安量である1日4粒をしっかりと守って継続することが大切です。

 

どのくらいで効果がでるの?

シボヘールの機能性関与成分

 

「葛の花由来イソフラボン」

 

の臨床実験の結果では、平均すると約8週間~12週間で結果が得られることが確認されています。

また、効果が表れるまでの期間や効果には個人差があるので、目安として10週間程度見ておくと良いと思います。
継続するとこでより効果が出やすくなるので、まずは1日4粒を習慣化させましょう。

服用期間による効果については下記の通りです。

 

  • 1~4週間
    体が準備中で変化を感じにくい時期です。
  • 5~8週間
    お腹の脂肪や体重などに変化が出始める時期です。
  • 9~12週間
    臨床実験では、お腹の脂肪が平均で20㎠減少するという結果が出ています。
    また、継続するほどより効果が実感できるようになります。

 

まとめ

シボヘールは継続して服用することで徐々に効果が実感できます。

服用するタイミングは特に決まっていませんが、脂肪分の多い食事を摂りがちな夕食前がおすすめです。

まずは毎日服用することを習慣化して、欠かさず飲むように心掛けてください。

公式サイトではお得なキャンペーンが開催されていますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

-シボヘール

Copyright© 【詐欺!】シボヘールが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.